キャンプ PR

【2021】夫婦キャンプギア決定版 2人キャンプにぴったりなギア20選

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

現在のコロナ禍の中、旅行やお出かけができないカップル、夫婦が多いかと思います。そんな時は密を気にせず、アウトドアを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

私たち夫婦がこれまでいろいろなギアを使ってきて厳選したギア決定版を紹介したいと思います。これから二人(夫婦/カップル)キャンプを始める方、まだどんなギアがいいか悩んでる方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シェルター:ツインピルツ/Ogawa

シェルターは無くてもキャンプはできますが、あると便利なものの一つです。雨、風、日差し、いろんなものを防げます。二人にちょうどいいサイズです。設営時間も慣れれば10分以内でできます。



 

タープ:アメニティタープ ヘキサLセット/snow peak

公式では6人用となっていますが、テントも覆うように張る”小川張り”などすると2~3人でちょうどよくなります。また、ヘキサタイプの見た目がかっこいいです。


 

テント:アメニティドーム M/snow peak

かなりの定番テントで、様々なキャンプ場で見かけます。ポールとガイロープ等が色分けされており、初心者の方でも簡単に設営可能です。慣れてくると一人でも設営できます。


http://girls-camper.com/2021/06/16/tent_amedo/

スリーピングマット:車中泊マット8cm/QUICK CAMP

コスパ最強のマットです。夫婦二人で二枚購入しても1万円以下。私たち夫婦は今までキャンプの翌朝は背中、腰の痛みに悩まされてきましたが、このマットを使ってからは悩みが解決しました。同じ悩みを抱えている方はぜひ試してみてください。


 

ピロー:ストレッチピロー/snow peak

こちらもマット同様にコスパ最強です。snow peak製品の中ではかなりリーズナブルな製品かと思います。そしてさすがsnow peak、かなり高性能です。翌朝の寝起きもすっきりになりました。控えめに言って最高です。


 

ストーブ:タクードストーブ/snow peak

サイズ感が特徴的で、直径38cmの円柱形で、高さは34cm。重さは6kgというコンパクトなサイズのストーブ。コンパクトなのに3.1リットルの灯油で15時間も燃焼してくれる燃費の良さ。現在公式では販売されていないのですが、楽天等では販売されているようです。サイズはかわいいのですが、値段は少々かわいくないです。

【楽天市場】スノーピーク スノーピーク 石油コンロ タクードストーブ KH-002BK | 価格比較 – 商品価格ナビ (rakuten.co.jp)

焚火台:焚火台 M/snow peak

焚火台Lは、かなり携帯性は悪くめちゃめちゃ重いですが、二人キャンプではMサイズで十分かと思います。それでも重いですが、めちゃめちゃ丈夫です。これは本当に一生ものですね。壊れる気がしません。使い勝手は最高です。



 

ランタン①:ほおずき/snow peak

デザインがおしゃれで、機能性も文句なしです。周囲が静かになると照度を下げてくれる”おやすみモード”。風や音に反応して光量が変化する”ゆらぎモード”がお気に入りです。寝室(テント内)で使用する室内ランタンとして活躍してくれています。


 

ランタン②:ルーメナー/LUMENA

メインランタンはこれ一台で十分です。4段階の明度で最大ロウソク約1300本分(20W蛍光灯相当)の明るさ。ランタン機能だけでなく10.000mAh高容量のモバイルバッテリーとしても使用可能です。1回の充電で最大約100時間の継続使用ができます。最強ランタンです。


 

チェア:タクティカルチェア/チェアワン/Helinox

チェアはこれさえあれば問題ありません。2人分でもリュックに入っちゃうコンパクトサイズ。座り心地も昼寝が出来ちゃうほどです。こちらはおすすめです。



【2021】キャンプチェア比較 キャンプ歴9年の私が実際に使ってみて感じたメリットデメリットキャンプを始めるにあたり、一番初めに用意する必需品であるキャンプチェア。キャンプはもちろん、BBQや釣り、花火大会など様々なシーンで大活...
1 2