キャンプ PR

【女子キャンプ】初心者必見!キャンプ女子の持ち物リスト。”必需品”と”あると便利なもの”を解説!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

女子キャンプの持ち物は?

キャンプに誘われたけど何を持っていけばいいかわからない。キャンプに行って忘れ物をしたらどうしようと不安になることもあるかもしれません。

キャンプ歴5年の私が、キャンプ初心者の女性の持ち物リストを紹介します。

今回紹介ものを自分1人で準備しなければいけない訳ではありません。

一緒に行く人が持っていれば大丈夫な場合もありますし、キャンプ場でレンタルできるものもあります。

何回かキャンプに行くと、「あ、あれ忘れた!」や「キャンプにあれを持ってくると便利だな〜」なんて発見があるので、このリストを参考にしながら、少しずつ自分なりのキャンプ持ち物リストを作っていただけたらと思います。

女子キャンプの持ち物リスト

女子キャンプの持ち物リストは次の表をご覧ください。

女子キャンプ 持ち物リスト

キャンプの持ち物を大きく「リビング系・キッチン系・寝室系」の3つに分けてみました。

リビング系:みんなでご飯を食べたりお酒を飲んだりする時に使うもの

キッチン系:料理を作る時に使うもの

寝室系:夜寝るテントの中で使うもの

女子キャンプの持ち物リストの他に女性ならではの持ち物はこちら。

【女性ならではの持ち物】

・化粧道具
・化粧落とし
・汗ふきシート
・日焼け止め
・寒さ対策グッズ(ひざかけなどの防寒具)

それでは、持ち物リストのものについて1つずつ見ていきましょう。

【必需品】これがあればキャンプができるもの

タープ

テントは寝室、タープはリビングというイメージです。

タープは日中は日差しを遮ったり、雨のときに雨から守ってくれたりします。

キャンプ=テントのイメージが強いですが、タープの下でご飯を作ったり食べたり、くつろいだり、実はタープの下で過ごす時間の方が多いかもしれません。

タープを選ぶ時は大きさ(大きめを買うのがオススメ)と組み立てやすさ(ポールが長く、設営が大変なこともあります)に気をつけながら選びましょう。

ちなみに私はSnow PeakのアメニティヘキサタープLを愛用しています。

サイズが大きく組み立てが難しいイメージがありますが、女性2人でも10分ほどで簡単に設営できます。

2〜3人の女子キャンプから5〜6人のグループキャンプまで幅広く使えます。


 

イス

イスを選ぶ時は座り心地とテーブルに合う高さかどうかに気をつけながら選びましょう。

私はヘリノックスという音楽フェスでも定番のイスを5年以上使っています。軽いのに頑丈だし、座りやすいので愛用していますが、値段が10,000円以上とお高めです。


10,000円以上のイスを買うのはなかなかハードルが高いと思うかもしれません。

ヘリノックスは王道かつ人気商品なので、様々なメーカーで類似品が出ています。

私も最初はホームセンターで売っている2,000円くらいのアウトドア用イスを使っていて、途中でヘリノックスに買い替えました。

まずはお手頃価格のものを買ってみるのもいいですね。

こちらは値段がヘリノックスの半分程(約5,000円)で高さ調節もできるようです。Amazonの評価も高めです。

 

3,000円程でも類似品があるようです。こちらもかなりの人気商品のようですね。


【2021】キャンプチェア比較 キャンプ歴9年の私が実際に使ってみて感じたメリットデメリットキャンプを始めるにあたり、一番初めに用意する必需品であるキャンプチェア。キャンプはもちろん、BBQや釣り、花火大会など様々なシーンで大活...

テーブル

テーブルを選ぶ時は高さ(高さ調節できるものがオススメ)や大きさに気をつけながら選びましょう。

私はQualz(クオルツ)というブランドのライトシールドシステムテーブルという商品を愛用しています。

私は2つで約10,000円で購入し、コスパ最高で高さ調整もできるのでオススメですが、残念ながら現在は販売していないようです、、、。

公式ページ

ミニテーブルは自分の飲み物や食べ物を置いておくことができますし、値段もお手頃なのでキャンプに行く人は1人1つ持って行ってもいいのでは?と思うほど便利です。

キャプテンスタッグのミニテーブルはコンパクトサイズですし、キャンプの超定番商品です。

クーラーボックスなど地面に直接置いて汚れるのが嫌だなあというものを置くのにも使えます。


ランタン

ランタンは夜にタープにつけて自分のテントサイトを照らしたり、料理をする時に手元を明るくするために必要になります。

またテントの中で着替えたりする時にも使います。

できればタープ用とテント用の2つあると安心です。

ランタンの明るさは一般的にルーメンという単位で示され、1,000ルーメンあればキャンプのメインランタンとして使えそうです。

ランタンにはLEDランタンやガスランタンなどさまざまな種類がありますが、初心者の方には安心して使いやすいLEDランタンがおすすめ。

私はルーメナーという明るさを4段階調節でき、最大1300ルーメンのランタンを使っています。10,000mAhの大容量のモバイルバッテリーとしても使用できます。

値段は約10,000円とお高めですが、明るいしコンパクトで使い勝手は抜群です。


 

1,000ルーメンのLEDランタンならAmazonで3,000円程度でも購入できます。

ランタンは防災グッズにもなるので、1つ持っておくと災害時も安心です。


 

ヘッドライトやネックライト

夜にトイレや歯磨きに行くときに使います。懐中電灯やスマホのライトでもいいですが、両手が使えるようにした方が楽ですよ。

ヘッドライトを首にかけて使ってもいいですね。


 

ガスバーナー

料理をするにはガスバーナーが必要です。バーベキューをするならバーベキューコンロ、または卓上のガスコンロでもOKです。火力の調整が楽なものや、着火が簡単にできるものがオススメです。

私はSOTOのレギュレーターストーブを使っています。着火が簡単ですし、火力が安定しているので、料理がとてもしやすいです。


 

クーラーボックス

冷たい飲み物や、食材を新鮮に保つためには大切です。

大きいクーラーボックスを買うと、食材を入れたときに、運ぶのがかなり大変です。。。。大きいクーラーボックスが欲しい場合はキャスター付きだと女性でも運べます。使わないときに畳めるソフトクーラーもオススメです。

私はロゴスのハイパー氷点下クーラーを使っています。アイスを約7時間も保存できるという保冷力間違いなしの商品。

真夏にキンキンに冷えたビールを飲みたい方にもオススメできます(笑)