キャンプ PR

【2021】キャンプチェア比較 キャンプ歴9年の私が実際に使ってみて感じたメリットデメリット

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

キャンプを始めるにあたり、一番初めに用意する必需品であるキャンプチェア。キャンプはもちろん、BBQや釣り、花火大会など様々なシーンで大活躍です。「一脚は持っていたい。」そんなキャンプチェアを紹介したいと思います。

今回は、キャンプ歴9年目となる私自身が実際に使用してきたチェアをご紹介したいと思います。

比較検証としては、以下の4点について着目しました。

①座り心地

②携帯性

③組立性

④価格

以上の4点を考慮してチェア選びをすれば良い一脚に出会えると思います。

購入の際の参考にしてみてください。

Helinox タクティカルチェア

説明もいらないくらい有名な「Helinox」のチェア。

キャンパーでなくとも一度は聞いたこと、見たことはあるかと思います。

①座り心地  :★★★★★

一見小さく見えるチェアですが、座ってみて分かる ” 包み込まれるチェア ” ぜひ購入前に店舗にて座ってみてください。

②携帯性   :★★★★★

Helinoxの一番の魅力といっても過言ではない携帯性。ケース含む総重量1080g(チェアのみ910g)。収納時サイズは14cm×35cm(直径・高さ)で600mℓの水筒とほぼ同じくらい。リュックにも余裕で収納可能です。そのため、登山、花火大会などでも大活躍です。

③組立性   :★★★

チェアフレームの組み立てはお子様でも手伝えるほど簡単なのです。しかし、座面をフレームに取り付ける際は(特に新品時)女性の方、力が弱い方などは結構な力で引っ張りながら取り付けなくてはいけないので、若干大変かと思います。ただ座面の生地が馴染んでくると、取り付けやすくなるかと思います。

④価格    :★★

これからキャンプを始める方が初めてのお値段を見ると驚かれるかと思います。他のアウトドアチェアに比べてしまうと少々お高めのお値段になります。しかし、コストパフォーマンスは抜群です。10年近く使用していても全く壊れることなく使用できています。(ナイロン素材のものがほとんどですので、焚き火近くでのご利用はご注意ください。火の粉等で簡単に穴が開きます。)



Helinoxのは王道かつ人気の商品のため様々なメーカーで類似品が出ています。最初はそちらでも問題ないという方は下記もご検討してみては?

 

ニトリ 木製ローチェア

お、ねだん以上。のニトリさん。「さすが!」の一言です。お値段以上かと思います。カラーバリエーションも豊富で8色展開(2021/8現在)となっております。最初の一脚に是非。

①座り心地  :★★★

木製ということもあり、丈夫で安心感があります。またローチェアのため、地面からの距離が近く一度座ったら立ち上がれなくなる心地よさです。残念な箇所が一箇所あり、私個人的には背面部分にある梁が背中に当たって若干違和感を感じてしまい、気になりました。そのため星三つにしました。

②携帯性   :★

こちらは、木製で丈夫な反面、折りたたみ時でも大きく、重さが気になりました。家族分のを揃えると車のトランクの大部分を占領してしまいます。

③組立性   :★★★★★

組み立てはワンタッチ、ワン動作。背面と座面を左右それどれの手で開いたら完了です。設置時間1秒。私が使用した椅子の中で一番簡単です。もちろん片付けも同じく1秒で片付けられてしまいます。お家BBQなどでのご利用にぴったりです。

④価格    :★★★★★

お、ねだん以上。ニトリさん。お値段異常です。笑

こちらは文句無しの星五つです。このデザイン、丈夫さ、カラバリでこのお値段は、「さすが!」としか言いようがありません。

某鹿さんでも同じようなデザインのチェアを販売しておりますのでチェックしてみてください。

Kermit Chair Company カーミットチェア

知る人ぞ知る。アメリカのバイク乗り考案のチェア。そのため、バイクにも積載が可能なものをと開発し、小さな袋に分解収納可能です。(カスタムで座面を張り替えたりしなければ。)

①座り心地  :★★★★★

純正のままですと普通のチェアと変わらない感じなのかなと思っていましたが、今では、いろいろなメーカーさんから、いろいろな張り替え用ファブリックが販売されており、カスタム次第ではソファのような座り心地に。お好みで張り替えも視野に入れながら検討して見てはいかがでしょうか?

②携帯性   :★★★

バイク積載のためにとつくられたチェアのため小さな収納バックに分解収納可能です。工具を必要としない分解方式でリュックに入れて持ち歩くこともできます。分解での収納サイズは11x16x56cmとコンパクト。毎回の分解が大変な方はワンタッチで展開可能な収納方法もあります。ただしこの収納方法は簡単ですが、収納場所を占領してしまうのが少し残念です。

③組立性   :★★★★

分解収納をしていても工具なしで組み立てが可能です。また、ワンタッチ開閉で収納していれば、設置片付けともに所要時間1秒です。

④価格    :★

購入方法はいくつかあり、ネット店舗購入、取り扱い店舗で購入、個人輸入などなど。個人輸入以外の場合は、結構高価な金額設定になっております。そのため個人輸入をお勧めします。(個人輸入でもほかのチェアと比べるとかなり高価な価格ですが、、、)アウトドアチェアではありますが、ファッション感覚でデザイナーズチェアを購入する感覚かと思います。見た目、デザイン、映えでいえば、一級品かと思いますので、ご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

カーミットチェアが高価すぎて手が出せないという方は、見た目がそっくりな商品も他メーカーから出ておりますので、チェックしてみてはいかがですか?



 

いかがでしたでしょうか?多少なりとも、アウトドアチェア選びの参考になりましたら幸いです。