ARABAKI PR

アラバキ2023.4.29(1日目)参戦レポ!暖かくて晴天のフェス日和|渋滞情報、会場の様子や気温を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2022年のARABAKIは新型コロナウイルス感染拡大の影響で、人数制限やステージ数の減少などさまざまな制約の中の開催でしたね。

2023年はステージ数もコロナ前の数に戻って今までのARABAKIが戻ってきましたね!!

通常開催は2019年以来の4年振り!

新緑が綺麗で、ポカポカと暖かく、晴れ渡っていて、最高のフェス日和でした。

ARABAKIってこんなに来場者多かったっけ?と驚くほどの人の多く賑わっていましたね。

アラバキ歴10年以上のわたしが会場までの渋滞のようす、会場の雰囲気や個人的に見たアーティストなどをレポートします。

ARABAKI2023 1日目まとめ
  • 会場までの渋滞に注意
  • 異例の暖かさで、防寒着はあまり必要なかった
  • 今までと場所が変わったステージも

ARABAKI2023|気温・天気

ARABAKIの開催1週間くらいまでは天気予報に雨マークがありましたが、天気予報が変わり1日目は見事な晴天!

ここまで天気の良いARABAKIは久々だったのではないでしょうか。

みんなの気持ちが届きましたね!!!!

最高気温23度、最低気温8度でした。

日中14時あたりは日差しが強く、体感はもっと暖かく感じました!というか暑かったです!

汗をかくほどの暑さでした。

最高気温23度、最低気温8度で暖かめ!

ARABAKI2023|服装

わたしは

上:ロンT+半袖Tシャツ

下:レギンス+ショートパンツ

のスタイルでほぼ1日過ごせました!

周りのお客さんも半袖1枚かロンT1枚で過ごしている人が多かったですね。

19時以降はさすがに肌寒く、ウィンドブレーカーを羽織りました。

例年は朝や夕方は冷え込むため、防寒着(フリース、インナーダウンなど)を何枚も重ね着しますが、今年はその必要はありませんでした。

個人的にはインナーダウンを着ないARABAKIなんて初でした。

日中はロンT+Tシャツで快適!

ARABAKI2023|会場までの渋滞

今年はまったり参戦だったため、会場に12時頃到着を目標に向かいました。

4年振りの通常開催のARABAKIで来場者が多かったこともあり、開場の時間帯は会場周辺の道路は大混雑だったようです。

朝からtwitterでは、「会場までの渋滞がすごい」「お目当てのアーティストに間に合わなそう」などのツイートが多数でした。

ちなみにわたしは遅めの時間帯に行ったため、会場周辺の道路は渋滞していたもののそこまでひどくありませんでした。

わたしが行った時の道路状況はこんな感じです↓

高速道路の東北自動車道(山形側)は渋滞なしです。車もちらほらいるくらいでした。

会場最寄りの宮城川崎ICの降り口も全く混雑していませんでした。

しかし、宮城川崎ICの料金所付近から渋滞が発生しており、料金所からP2駐車場まで(約2km)は約20分かかりました。

P2駐車場にはすでにたくさんの車が駐車されていました。

結局、高速道路の降り口から会場まで1時間半ほどかかりました!

10:40 宮城川崎IC降り口

10:45 宮城川崎IC料金所付近

11:05 P2駐車場付近

12:00 会場着

ARABAKI2023|会場内のようす

ARABAKIってこんなに来場者多かったっけ??と思うほどの人、人、人(笑)

人混みがあまり得意ではありませんが、ARABAKIにこれだけの人数が集まれるようになったことがARABAKIファンとしてはすごく嬉しかったです。

エコキャンプ側入口までの道路のようす

開場時間が過ぎていたため、エコキャンプ側入口までの道路はそんなに混雑していませんでした。

キャンプサイトにはすでにたくさんのテント!

エコキャンプ側入場口付近のようす

わたしは12時頃に入場しました。

すでにリストバンドをつけていたこともあり、比較的スムーズに入場できました!

この景色を見ると、ARABAKIに帰ってきた!と実感がわきますね。

物販エリアのようす

毎年ですが、オフィシャルグッズの物販はものすごい行列。

↓の赤丸のテントでオフィシャルグッズの販売をしていますが、行列がながーく続きます。

やっと最後尾のようです。

オフィシャルグッズは事前にインターネットでも買えますので、事前購入がオススメです!

オフィシャルグッズはオンラインで買うこともできる

ステージのようす

MICHINOKU(みちのく)ステージ

ARABAKIの収容人数が最大級のみちのくステージ!

今年もステージ向かって左側にはスクリーンがありました。(赤丸)

後ろからでもアーティストのライブを楽しむことができます。

アーティストのライブ終わりにはこの混雑っぷり、、、。

ライブ終わりに友達と合流しようと思いましたが、この人の数じゃ無理でした。

ステージエリアから離れるまでに10分以上かかりました。

BAN-ETUS (磐越)ステージ

みちのくステージと並ぶARABAKIの最大収容人数を誇るBAN-ETSUステージ!

キャンプをする人はBAN-ETSUステージの周りにテントを設営することになります。

BAN-ETSUステージにもスクリーンがありました。

TSUGARU(津軽)ステージのようす

TSUGARUステージは今年からステージの場所が大きく変わりましたね。

今まではエコキャンプ場入場口側にありましたが、風の草原側にお引越しました。

東北ライブハウス大作戦STAGEのようす

こちらも今年からステージの場所が変わりましたね。

観客席の前の方にはイスが設置してありました。

他のステージと比べてステージの高さが低いので、お客さんが多いとステージ上のアーティストの姿ははあまり見えません。

風の草原側のようす

風の草原側にはペイントウォールやマーケットなどがあり、音楽以外も楽しめるエリアになっています。

ペイントウォールにはメッセージなどを書くことができます。

思わず写真を撮りたくなるフォトスポットも。

アウトドアブランドのCHUMSも出店しています。

フェスで疲れた身体を癒すこともできますね。

洋服やアクセサリーを売っているお店もあります。

フードエリアのようす

今年は常にかなりの人が並んでいたイメージでした。

20人以上並んでいるような飲食店もたくさんあり、空腹時に並ぶには厳しかったです。笑

いっぱい食べたいものもあるけど、並んでいる間に好きなアーティストのライブが始まるかも、、、と葛藤です。

カレー美味しかった!

日帰りテントゾーンのようす

サンシェードテント設置可能ゾーンは、お昼頃行った時にはかなりテントが密集していました。

テントを設営できる場所を探すのに苦戦するほど。

通路近くは人気があるようでしたが、奥の方はまだ空いていました。

わたしはみちのくステージと荒吐ステージの間あたりに設営しました。

良い場所(ステージ近くや通路近く)に設営したい場合は、朝早くに会場に行くことをオススメします。

トイレのようす

ARABAKIのトイレは今までは和式のイメージが強かったのですが、2023年のARABAKIではわたしが入ったトイレはすべて洋式でした。

会場外のP2〜P4駐車場シャトルバス乗降場のトイレです。

開場後の時間帯だったため、空いていました。

エコキャンプ側入場口付近のトイレです。

開場時間付近の8:00〜11:30、終演時間付近の19:00〜21:30と利用可能時間が制限されていました。

みちのくステージ付近のトイレです。

空いている時間帯を見計らって行きましたが、やはりこのくらいは並ぶようです。

トイレの数が多いので、約10分くらいで入れました。

男性用トイレ(小便器)にも扉がついていました。

キッズ優先トイレも例年同様ありましたので、お子さん連れも安心です。

BAN-TSUステージ側のトイレは個数がすごい!

ARABAKI2023|見たアーティスト

9mm Parabellum Bullet

<みちのくステージ>

学生の頃に聞きまくったのでわたしにとっては思い出深いアーティストです。

9mmはVoの菅原さんが山形県出身、Baの中村さんが宮城県出身と東北にゆかりがあり、ARABAKIもほぼ毎年出演しています!

わたしも何回ARABAKIで9mmを見たことか!

テントの設営に手こずりあまり聞けなかったのが残念すぎる。。。。涙

わたしの中のARABAKIスタートが9mmとは激アツでした!!!!

いつ見ても変わらないカッコ良さで最初からテンション上がりまくりました!

気づいたらどんどん前に進んでいってました!笑

9mm Parabellum Bullet – Black Market Blues

セットリスト

1.One More Time
2.Black Market Blues
3.All We Need Is Summer Day
4.戦う君よ[THE BACK HORN]
5.Vampiregirl
6.淡雪
7.太陽が欲しいだけ
8.新しい光
9.The Revolutionary
10.Punishment

マキシマムザホルモン

<みちのくステージ>

ARABAKIにマキシマムザホルモンが出演すると、例年お客さんの数がものすごいので少し早めにステージに向かいました。

5年振り?のARABAKIのようですが、みちのくステージ後方の通路までお客さんでいっぱい。

わたしはロンT+Tシャツでいましたが、どんどん日差しが強くなってきて、汗をかきはじめるほどでした。

マキシマムザホルモンのライブはテンションが上がらないはずがない!笑

激しいライブパフォーマンスとグルーヴ、変わらないMCの面白さ(笑)

ホルモンのライブを見ていると圧倒され、引きつけられます。

絶大なる人気を誇るアーティストということを、ライブを見るたびに感じます。

大好きな曲ばかりで本当に幸せな時間でした。

みちのくステージ脇にあるスクリーンには映像と歌詞が流れていました。

卑猥な歌詞も多いため(笑)、ちょっとどういう顔をしていいか迷うこともありましたがw

ARABAKIの1ヶ月くらい前からずっと恋のスペルマのダンス練習していった甲斐があって、最後に演奏してくれました!良かった!!!

さすがのパフォーマンスでした!

セットリスト

1.ぶっ生き返す!!
2.絶望ビリー
3.シミ
4.「F」
5.my girl
6.falling jimmy
7.恋のメガラバ
8.恋のスペルマ

マキシマム ザ ホルモン 『恋のスペルマ』 Music Video 野外フェス映像ver.

ELLEGARDEN

<みちのくステージ>

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止になった2021年、2022年のARABAKIでも出演予定だったELLEGARDEN。

ずっとずっとARABAKIでエルレを見ることを夢見ていて、やっと夢が叶いました!

本当にエルレを見られるのか不安だったし、また直前で見られなくなったら落ち込むのもう嫌だな、、と思って直前までテンションを上げすぎないようにしていましたが、、、

無事見れた!!!涙 感動!!!!

お客さんも超超満員!通路までギッシリ!

エルレが活動休止になる前からと思われる年代のファンや、若い年齢層のファンまで幅広い年齢層に愛されているバンドだと実感しました。

16年振りの2022年12月に発売された「The End Of Yesterday」の曲から懐かしい曲まで素晴らしすぎるセトリでした。

本当はELLEGARDENの後にThe Birthdayが出演予定でしたが、急遽キャンセルになってしまったため、エルレが実質のトリに。

アンコールには出演予定だったThe Birthdayのカバーを演奏し、皆さんの千葉さん愛を感じました。

セットリスト

1.Breathing
2.Space Sonic
3.Supernova
4.風の日
5.Fire Cracker
6.Salamander
7.The Autumn Song
8.チーズケーキ・ファクトリー
9.ジターバグ
10.スターフィッシュ
11.Strawberry Margarita
ーアンコールー
12.涙がこぼれそう[The birthday]
13.Make A Wish

Make A Wish [from THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018@ZOZOマリンスタジアム]

GLIM SPANKY

<東北ライブハウス大作戦STAGE>

東北ライブハウス大作戦STAGEは他のステージに比べるとかなり小さく、すでにお客さんがたくさんいたのでほとんどGRIM SPANKYの姿は見えませんでした。涙

Vo.松尾さんのハスキーボイスがカッコ良すぎる!

アコースティックバージョンで、バンド演奏はなくボーカルとギターだけだけど完全にロックでした。

大好きな「大人になったら」も聞けて大満足。

歌詞もメロディも素敵すぎる!この曲を10代の時に聞いていたら、ガンガン胸に響いていただろうなあ。

もちろん10代を超えた今でも胸に突き刺さります。

セットリスト

1.Singin’ Now
2.怒りをくれよ
3.こんな夜更けは
4.形ないもの
5.大人になったら
6.Flower Song

GLIM SPANKY – 「大人になったら」

サンボマスター

ARABAKIに来たらサンボマスターを見ないと始まらない!(←個人的な意見)

ARABAKI初参戦の友達には必ず「サンボマスターは絶対見て!」とオススメしています。

サンボマスターのライブは本当に心を揺さぶられる!

ARABAKIのサンボマスターのライブで何回泣いたことか、、

辛くて泣いている訳ではないですが、不思議といろんな感情が溢れてきて涙が出てきます。

いつもVoの山口さんが「泣くなよ!笑えよ!」というので、いつも泣き笑いの変な顔に。笑

今年は後ろの方で見ていましたが、後ろまでガンガンエネルギーが伝わってきました。

「できっこないをやらなくちゃ」には今まで何回背中を後押ししてもらっています。

辛い時、踏み出せない時何度も助けてくれました。

毎年のようにARABAKIでサンボマスターを見ていますが、このライブを見るとまた1年頑張ろうって思えます。

辛いことがあったら、またこの場所に戻ってこようという気持ちにしてくれます。

今年もサンボマスター最高でした!!!!

セットリスト

1.輝きだして走ってく
2.ヒューマニティ!
3.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
4.ラブソング
5.できっこないをやらなくちゃ
6.花束
7.ロックンロールイズノットデッド

サンボマスター できっこないをやらなくちゃ

ARABAKI2023|帰り道の渋滞状況

会場の混雑状況

サンボマスターをアンコールまで楽しんだので、会場を出たのは21時頃。

エコキャンプ側入場口は、サンボマスター終わりの人でいっぱいでした。

風の草原側まで歩いていきましたが、通路はかなり混雑していて、気をつけなければ他の人とぶつかってしまうほど。

アウトドアワゴンを持っていたため、荷物が多くて他の人にぶつからないようにするのが大変でした。

会場周辺の道路の混雑状況

会場周辺の道路はずっと渋滞していましたが、会場近くのファミリーマートあたりから渋滞が解消されていました。

会場近くのファミリーマートを通過したのが、22時頃。

そこから宮城川崎ICまでは渋滞していなくスムーズに進めました

高速道路でも渋滞は発生していませんでした。

まとめ|晴天で暖かく過ごしやすすぎたARABAKI!

久々の通常開催のARABAKI!

来場者もとても多く、活気に溢れた最高のフェスでした。

わたしにとっては「こんなに楽しい1日ほかにある?」ってくらい毎年楽しいです。

1年で1番テンションが上がる日です。

今年は寒くもなく、雨も降らずみんなに優しいARABAKIでしたね。

大好きな音楽を満喫できた最高の1日でした。

また来年の開催が今から楽しみですね。

【アラバキ2024総まとめ】気温、チケット、持ち物、駐車場、ホテル、会場の様子など初心者が気になることを徹底解説!アラバキの開催概要、天気や気温、チケット、アクセス方法、服装、宿泊、雨対策、持ち物、会場のようす、2022アラバキのようすなどアラバキ初心者が気になることをアラバキ歴10年以上の筆者が徹底解説。アラバキのすべてをわかりやすく簡潔に説明!...